本,食えなんだら食うな

スポンサーリンク

本 27冊目 「食えなんだら食うな」

人生のありのままを、ありのままの姿で自分のハラに入れるのである。

関大徹 『食えなんだら食うな』, (ごま書房新社, 2019), pp.223.

読んだ感想

明治・大正・昭和の時代を生きた禅僧、関大徹が書いた本です。

未来を慮らず、
物事を直視し、余分な感情や情報を付け加えずに解釈し、
自分が進みたい道を突き進む禅僧の話です。

スポンサーリンク

今回読んだ本について

タイトル:食えなんだら食うな
出版社 :ごま書房新社, (2019)
著者  :関大徹

タイトルとURLをコピーしました