本,ゼロデイ

スポンサーリンク

本 21冊目 「ゼロデイ」

「あなたのデータはわれわれのもので、あなたの装置はわれわれの装置である」

山田敏弘 『ゼロデイ』, (文藝春秋, 2017), pp.142.

内容

世界で四六時中行われているサイバー戦争について、分かりやすく説明されています。

ゼロデイとは、まだ世に出ていないセキュリティホールのことです。

そのゼロデイを探し出し、商品として売る者達。
他国への攻撃に使用するため、積極的に購入する国家機関。

サイバー兵器であるゼロデイを独占すればするほど、サイバー戦争では有利になります。

本書はゼロデイだけに絞って記述されているわけではなく、スタックスネットを使ったサイバー攻撃や、サイバー世界における各国の力関係など、様々なことについて説明されています。

スポンサーリンク

今回読んだ本について

タイトル:ゼロデイ
出版社 :文藝春秋, (2017)
著者  :山田敏弘

タイトルとURLをコピーしました