スポンサーリンク

本,モサド・ファイル

本 18冊目 「モサド・ファイル」 「私は、舞台で演じるようなつもりで姿を変え、化粧をして、モサドの多数の作戦に臨んだ。それ以外では、芝居の演出家のような気持ちで作戦に参加した。脚本だと思って作戦指令を書き上げた」 マイケル...

本,創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで

本 17冊目 「創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで」 すでに述べたように、ドゥルーズは、『意味の論理学』から『批評と臨床』に至る過程で、アルトーの「深い」文学よりも、キャロルの「浅い」文学を偏愛するようになりました。それ...

本,脳を鍛えるには運動しかない!

本 16冊目 「脳を鍛えるには運動しかない!」 簡単に言ってしまえば、体と脳をベストの状態に保ちたいなら、この歴史の長い代謝システムをせっせと使うべきなのだ。 ジョン・J・レイティ (野中香方子訳) 『脳を鍛えるには運動しか...
スポンサーリンク

本,ピーター・ティール

本 15冊目 「ピーター・ティール」 競争は負け犬がするもの。まわりの人間を倒すことに夢中になってしまうと、もっと価値があるものを求める長期的な視野が失われてしまう トーマス・ラッポルト (赤坂桃子訳) 『ピーター・ティール...

本,真相 マイク・タイソン自伝

本 14冊目 「真相 マイク・タイソン自伝」 ベルトも獲らないうちから、世界チャンピオンになるとわかっていた。俺にはそういうところがあった。自分の中に "マイク・タイソン" というもう一人の男がいたんだ。 マイク・タイソン ...

本,潮騒

本 13冊目 「潮騒」 「男は気力や。気力があればええのや。この歌島の男はそれでなかいかん。家柄や財産は二の次や。そうやないか、奥さん。新治は気力を持っとるのや」 三島由紀夫 『潮騒』, (新潮社, 2014), pp.18...

本,勝ち続ける意志力

本 12冊目 「勝ち続ける意志力」 自分の考えは正しいはずだ。まだ誰も歩いていない道だが、この道を歩き続ければ人よりもきっと遠くへ行ける。人よりも強くなりたいのであれば、自分を信じて、不安を打ち消しながら進むしかない。 梅原...

本,ファイト・クラブ

本 11冊目 「ファイト・クラブ」 「なぜなら、自己破壊を通してのみ、ぼくの精神のより大きな力を見出すことが可能だからです」 チャック・パラニューク (池田真紀子訳) 『ファイト・クラブ』, (早川書房, 2015), pp...

本,成功はゴミ箱の中に

本 10冊目 「成功はゴミ箱の中に」 やり遂げろ――この世界で継続ほど価値のあるものはない。 レイ・クロック (野崎稚恵訳) 『成功はゴミ箱の中に』, (プレジデント社, 2017), pp.321. 簡単なあらす...

本,100円のコーラを1000円で売る方法

本 9冊目 「100円のコーラを1000円で売る方法」 「自社の事業を "化粧品の製造販売" と考えるのは製品志向の考え方です。一方で、"ライフスタイルと自己表現、そして夢を売ること" と考えるのが市場志向、つまり顧客中心の考え方...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました