アセンブリ,gdbのコード記法をAT&TからIntelに変更する

スポンサーリンク

鍛錬 229

アセンブリ,gdbのアセンブリコード記法をAT&TからIntelに変更する

デバッガ gdb のアセンブリコード記法は、デフォルトでは AT&T 記法となっています。これを Intel 記法に変更する方法についてです。

現在のアセンブリコード記法を確認

現在設定されているアセンブリコード記法を確認するには、gdb を起動後、gdb のコマンドプロンプトで以下の内容を入力します。

show disassembly-flavor

一時的にアセンブリコード記法を変更する

デフォルトの記法を変更せずに、一時的に変更する場合は、gdb を起動後、gdb のコマンドプロンプトにて以下の内容を入力します。

set disassembly-flavor intel

デフォルトのアセンブリコード記法を変更する

デフォルトの記法を変更するには、ホームディレクトリの .gdbinit ファイルに、以下に示す内容を記述します。
(ホームディレクトリに .gdbinit ファイルが存在しない場合は、ファイルを作成する必要があります)

関連記事:Linux,ホームディレクトリを確認する方法

set disassembly-flavor intel

実際にファイルを作成して確認

以下は、ホームディレクトリに .gdbinit ファイルを作成し、gdb のアセンブリコード記法が AT&T 記法から Intel 記法に変更されることを確認しています。

***@ubuntu:~/***/test/asm$ 
***@ubuntu:~/***/test/asm$ gdb
GNU gdb (Ubuntu 7.11.1-0ubuntu1~16.5) 7.11.1

   (中略)

Type "apropos word" to search for commands related to "word".
(gdb) 
(gdb) show disassembly-flavor
The disassembly flavor is "att".
(gdb) quit
***@ubuntu:~/***/test/asm$ vim /home/***/.gdbinit
***@ubuntu:~/***/test/asm$ cat /home/***/.gdbinit
set disassembly-flavor intel

***@ubuntu:~/***/test/asm$ gdb
GNU gdb (Ubuntu 7.11.1-0ubuntu1~16.5) 7.11.1

   (中略)

Type "apropos word" to search for commands related to "word".
(gdb) 
(gdb) show disassembly-flavor
The disassembly flavor is "intel".

 
上記に示した通り、gdb のアセンブリコード記法を AT&T 記法から Intel 記法に変更することができました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする