Linux,ファイルの文字コードを変換する

スポンサーリンク

鍛錬 243

Linux,ファイルの文字コードを変換する

Linux でファイルの文字コードを変換するには、iconv を使用します。
 
使用方法は、以下に示す通りです。

iconv オプション 入力ファイル名

 
オプションの一部を以下に示します。

オプション 機能
-f 文字コード 入力文字コードの指定
-t 文字コード 出力文字コードの指定
-o 出力ファイル名 出力ファイル名の指定

サンプルファイル

以下は、今回使用するサンプルファイル SHIFT_JIS.txt です。

ファイルの文字コードは SHIFT-JIS となっています。

漢字カタカナひらがな

実行結果

以下は、文字コードが SHIFT-JIS であるサンプルファイル SHIFT_JIS.txt の文字コードを、UTF-8 に変更しています。

***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ ls
SHIFT_JIS.txt
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ cat ./SHIFT_JIS.txt
(注:この行は、文字化けして表示されました。)
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ iconv -f SHIFT-JIS -t UTF-8 -o UTF-8.txt SHIFT_JIS.txt
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ ls
SHIFT_JIS.txt  UTF-8.txt
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ cat ./UTF-8.txt
漢字カタカナひらがな

 
上記に示した通り、私の端末のエンコーディングは UTF-8 に設定してあるため、SHIFT-JIS では文字化けして表示されましたが、iconv でファイルの文字コードを UTF-8 に変換後は、文字化けせずに表示されました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする