Linux,カレントディレクトリ配下の全ディレクトリ数をカウント

スポンサーリンク

鍛錬 360

Linux,カレントディレクトリ配下の全ディレクトリ数をカウントする

カレントディレクトリ配下の全ディレクトリ数(ファイルや名前付きパイプを含まずに)をカウントするには、find、grep、wc を使用します。

関連記事:Linux,カレントディレクトリ配下の全ファイル数をカウントする
関連記事:Linux,カレント配下にある、全ての名前付きパイプ数をカウント
 
使用方法は、以下に示す通りです。

find . -type d | grep -e ./ | wc -l

find のオプション

以下は、find のオプションについてです。

-type d

-type は、探索するファイルタイプを指定します。

以下は、指定できるファイルタイプの一部です。

記号 ファイルタイプ
f 通常のファイル
d ディレクトリ
p 名前付きパイプ(FIFO)
s ソケット

grep のオプション

-e

-e は、マッチングするパターンを指定します。

wc のオプション

-l

-l は、改行数のみを出力します。

スポンサーリンク

構成

以下は、今回確認するファイル・ディレクトリ・名前付きパイプ(FIFO)の構成です。

***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ tree
.
├── FIFO_1
├── dir_A
│   ├── AAA_1.txt
│   ├── AAA_2.txt
│   ├── AAA_3.txt
│   ├── FIFO_2
│   └── dir_B
│       ├── BBB_1.txt
│       ├── BBB_2.txt
│       └── BBB_3.txt
├── sample_1.txt
├── sample_2.txt
└── sample_3.txt

2 directories, 11 files

カレントディレクトリ

ファイル数 3
ディレクトリ数 1
名前付きパイプ数 1

ディレクトリ ./dir_A

ファイル数 3
ディレクトリ数 1
名前付きパイプ数 1

ディレクトリ ./dir_A/dir_B

ファイル数 3
ディレクトリ数 0
名前付きパイプ数 0

スポンサーリンク

実行結果

以下は、前述した構成において、カレントディレクトリ配下の全ディレクトリ数(ファイルや名前付きパイプを含まずに)をカウントしています。

カレントディレクトリ配下に存在する全ディレクトリは 2 つなので、2 を取得するはずです。

***@ubuntu:~/***/test/tmp$ 
***@ubuntu:~/***/test/tmp$ find . -type d | grep -e ./ | wc -l
2

 
上記に示した通り、カレントディレクトリ配下に存在する全ディレクトリの数である 2 を取得することができました。

タイトルとURLをコピーしました