Linux,送信する間隔を指定してpingコマンドを実行する

スポンサーリンク

鍛錬 774

Linux,送信する間隔を指定してpingコマンドを実行する

ping コマンドを実行する際にパケットを送信する間隔を指定するには、オプションの -i を付加します。
 
使用方法は、以下に示す通りです。

ping -i 間隔

 
上記のオプションを付加しない場合、デフォルトの 1 秒間隔で送信されます。

オプション

以下は、上記のオプションについてです。

オプション 機能
-i パケットを送信する間に、指定した秒数停止する
スポンサーリンク

実行結果

以下は、ping コマンドを実行する際に間隔を指定してパケットを送信しています。

今回は、3秒間隔で6回パケットを送信しています。

関連記事:Linux,pingコマンドを実行する際に回数を指定する

各送信パケット間で計5回待機するため、送信開始日時から送信終了日時までの時刻差は約15秒間となるはずです。

1回目のping
 3秒待機(1回目の待機)
2回目のping
 3秒待機(2回目の待機)
3回目のping
 3秒待機(3回目の待機)
4回目のping
 3秒待機(4回目の待機)
5回目のping
 3秒待機(5回目の待機)
6回目のping

***@ubuntu:/var/tmp$ 
***@ubuntu:/var/tmp$ echo -n ">>>>> "; date; ping -i 3 -c 6 192.168.123.123; echo -n ">>>>> "; date;
>>>>> Sun Mar  8 02:03:10 JST 2020
PING 192.168.123.123 (192.168.123.123) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.123.123: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.016 ms
64 bytes from 192.168.123.123: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.058 ms
64 bytes from 192.168.123.123: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.062 ms
64 bytes from 192.168.123.123: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.061 ms
64 bytes from 192.168.123.123: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.061 ms
64 bytes from 192.168.123.123: icmp_seq=6 ttl=64 time=0.061 ms

--- 192.168.123.123 ping statistics ---
6 packets transmitted, 6 received, 0% packet loss, time 15542ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.016/0.053/0.062/0.017 ms
>>>>> Sun Mar  8 02:03:25 JST 2020

 
上記に示した通り、ping でパケットを送信する際に間隔を指定することができました。

開始日時 終了日時
Sun Mar 8 02:03:10 JST 2020 Sun Mar 8 02:03:25 JST 2020
タイトルとURLをコピーしました