Linux,UNIXの哲学

スポンサーリンク

鍛錬 60

Linux,UNIXの哲学

UNIX の哲学についてです。

スポンサーリンク

開発者

AT&T の一部門であるベル研究所

スポンサーリンク

UNIXの哲学

以下は、UNIX の哲学です。

  • シンプルであること
    “Keep It Simple, Stupid”
    日本語訳:”シンプルにしておきなさい、愚か者よ。”
    略して KISS という考え方に基づき、UNIXユーティリティのほとんどは、非常にシンプルで小さく設計されています。
  • 目的の明確化
    1つのプログラムに多くの機能を搭載し、多くの作業を実行するのは複雑で保守が容易ではありません。UNIX では多くの作業を実行する際は、小さなユーティリティを数多く組み合わせて行います。
  • 再利用を可能に
    コアとなる、シンプルで柔軟な要素を再利用可能なライブラリとして用意し、様々なアプリケーションで応用可能にします。
  • フィルタ
    入力内容を変換して出力するプログラムのことをフィルタといいます。このフィルタにより、プログラムの組み合わせや複雑なアプリケーションの作成が可能となります。
  • オープンなファイル形式
    UNIXプログラムでは、ユーザーの利便性を確保することや、プログラムが容易に処理を実行できるようにするため、ファイル形式として ASCIIテキストファイル が、設定ファイルやデータファイルに多く用いられています。
  • 柔軟性
    プログラムの作成者がユーザーの使用用途を完全に理解・予測・網羅することは非常に困難であるため、プログラムに柔軟性を持たせる必要があります。
タイトルとURLをコピーしました