Linux,コマンドを使用して、プログラムの実行時間を計測する

スポンサーリンク

鍛錬 311

Linux,コマンドを使用して、プログラムの実行時間を計測する

コマンドを使用してプログラムの実行時間を計測するには、コマンドの time を使用します。
 
使用方法は、以下に示す通りです。

time プログラム名

表示される結果について

以下は、表示される結果についての説明です。

項目 結果
real プログラム起動から終了までにかかった時間のことです。
user ユーザーCPU時間のことです。
ユーザーCPU時間とは、プログラムが CPU を使用した時間、
つまりプログラム自身の処理時間のことをいいます。
sys システムCPU時間のことです。
システムCPU時間とは、OS が CPU を使用した時間、
つまりプログラムを処理する際に OS が使用した時間のことをいいます。
スポンサーリンク

サンプルプログラム

以下は、今回使用するサンプルプログラム sample.c です。

// include
#include <stdio.h>

// main
int main(void)
{
	int num;
	int i, n;
	
	num = 0;
	for (i = 0; i < 10; i++) {
		for (n = 0; n < 100000000; n++)
			num++;
	}
	
	printf("%d\n", num);
	
	return 0;
}
スポンサーリンク

実行結果

以下は、サンプルプログラム sample.c を実行する際に time コマンドを使用して、プログラムの実行時間を計測しています。

***@ubuntu:~/***/test/c$ 
***@ubuntu:~/***/test/c$ gcc -Wall -Wextra sample.c -o sample
***@ubuntu:~/***/test/c$ time ./sample
1000000000

real    0m2.038s
user    0m1.989s
sys     0m0.000s

 
上記に示した通り、プログラム sample.c の実行時間は、以下に示す通りの結果となりました。

項目 結果
real
プログラム起動から終了までにかかった時間
0m2.038s
user
ユーザーCPU時間
0m1.989s
sys
システムCPU時間
0m0.000s
タイトルとURLをコピーしました