Linux,vimで改行記号(改行コード)を表示(可視化)する

スポンサーリンク

鍛錬 430

Linux,vim で改行記号(改行コード)を表示(可視化)する方法

vim で改行記号を表示するには、ホームディレクトリの ~/.vimrc に、以下に示す2行を追記もしくは新規で記述します。
 
vim で改行記号の「↲」を入力する方法については、後述しています。

set list
set listchars=eol:↲

解説

以下は、上記の記述内容についてです。

set list

set list を記述することにより、不可視文字が表示されます。

set listchars

不可視文字をどのように表示するのかを設定します。

eol:

改行記号を表示します。

vim にて「↲」を入力するには、次の順序で実行します。

  1. vim を起動する
  2. i を押下して Insert モードにする
  3. Ctrl + v を押下する ※1
  4. u21b2 と入力する (Unicode の U+21B2)

※1「文字コードの直接入力モード」にするため、Ctrl + v を押下します。
これは私のPC環境で、vim のキーバインドにおける Ctrl + v が、「文字コードの直接入力モード」に設定されているためです。

関連記事:Linux,vim のキーバインド(キーマッピング)を確認する
関連記事:Linux,vimで文字コードを直接入力して、文字を表示する方法

スポンサーリンク

実行結果

以下は、vim で改行記号を表示するように設定する前後の様子です。

設定前

以下は、改行記号を表示する前の状態です。

  1 A
  2 BB
  3 
  4 CCC
  5 DDDD
  6 
  7 
  8 EEEEE
  9

設定後

以下は、改行記号を表示するように設定した後の状態です。

  1 A↲
  2 BB↲
  3 ↲
  4 CCC↲
  5 DDDD↲
  6 ↲
  7 ↲
  8 EEEEE↲
  9 ↲

 
上記に示した通り、改行記号の「↲」が表示されています。

タイトルとURLをコピーしました