MySQL,ASCII()関数で文字のアスキーコードを取得する

スポンサーリンク

鍛錬 950

MySQL,ASCII()関数で文字のアスキーコードを取得する

ASCII()関数を使用すると、「文字」や「文字列の左端の文字」のアスキーコードを取得することができます。
 
使用方法は、以下に示す通りです。
引数 str に、アスキーコードを取得する文字や文字列を指定します。

SELECT 文を使用して文字のアスキーコードを取得する場合

SELECT ASCII(‘str’);
  • str が空文字である場合は 0 を返します。
  • str が NULL である場合は NULL を返します。
  • 指定する文字は 8bit 文字である必要があります。
スポンサーリンク

実行結果

以下は、「文字」や「文字列の左端の文字」のアスキーコードを取得しています。

今回は、次の文字や文字列について確認しています。
文字列 DEF は左端の文字である「D」についてのアスキーコードが返されます。

文字・文字列
A
1
DEF
(空文字)
NULL
mysql> 
mysql> select ASCII('A');
+------------+
| ASCII('A') |
+------------+
|         65 |
+------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> 
mysql> 
mysql> select ASCII('1');
+------------+
| ASCII('1') |
+------------+
|         49 |
+------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> 
mysql> 
mysql> select ASCII('DEF');
+--------------+
| ASCII('DEF') |
+--------------+
|           68 |
+--------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> 
mysql> 
mysql> select ASCII('');
+-----------+
| ASCII('') |
+-----------+
|         0 |
+-----------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> 
mysql> 
mysql> select ASCII(NULL);
+-------------+
| ASCII(NULL) |
+-------------+
|        NULL |
+-------------+
1 row in set (0.00 sec)

 
上記に示した通り、文字や文字列のアスキーコードは以下の通りであることが分かりました。

文字または文字列 アスキーコード(10進数)
A 65
1 49
DEF 68
(空文字) 0
NULL NULL
タイトルとURLをコピーしました