ネットワーク,呼損率

スポンサーリンク

鍛錬 81

ネットワーク,呼損率

通信・ネットワークにおいての、「呼損率」についてです。

スポンサーリンク

呼損率とは

通信回線の容量不足により、着呼できない状態が発生する確率のことを、呼損率といいます。

呼損率は低いほど良いとされていますが、呼損率を下げるために回線数を増加させるとコストが高くなるため、適切な回線数を選択することが重要となります。

回線数 呼損率 コスト
回線数を増加させた場合 低下 増加
回線数を減少させた場合 増加 低下

 
また、呼損率を求める際には「アーランB式」や、アーランB式の早見表である「アーランの損失式数表」を使用します。

タイトルとURLをコピーしました