ネットワーク,アナログ回線を使用したデータ伝送(DTEとDCE)

スポンサーリンク

鍛錬 133

ネットワーク,アナログ回線を使用したデータ伝送(DTEとDCE)

アナログ回線を RS-232C インタフェースで接続して通信を行う際に使用する、DTE・DCE・モデム・RS232C・ピン番号・信号名、などについてです。

アナログ回線を制御して通信を行うには、回線制御装置であるモデムを使用します。

モデムと PC を RS-232C インターフェースで接続することにより、PC から送信されたデジタルデータをアナログデータに変換して送信することが可能となります。

スポンサーリンク

DTE と DCE

PC とモデムを RS-232C インターフェースで接続した場合、それぞれ以下の用語で表します。

機器の例 略称 名称
PC DTE
(Data Terminal Equipment)
データ端末装置
モデム DCE
(Data Circuit terminating Equipment)
データ回線終端装置
スポンサーリンク

伝送の方向

以下は、DTE (PC) と DCE (モデム) を RS-232C インターフェースで接続した場合の、伝送の方向です。

伝送の方向

スポンサーリンク

ケーブルの種類

DTE (PC) と DCE (モデム) を RS-232C で接続する場合、ストレートケーブルもしくはクロスケーブルのどちらかで接続します。

以下は、それぞれの用途について説明しています。

ストレートケーブル
PC と通信機器を接続する際に用いられます。
クロスケーブル
PC と PC を接続する際に用いられます。
スポンサーリンク

結線図

以下は、DTE (PC) と DCE (モデム) を RS-232C インターフェースで接続した場合の、結線図です。

ストレートケーブルの場合

以下は、ストレートケーブルを使用した場合の結線図です。

ストレートケーブルの結線図

クロスケーブルの場合

以下は、クロスケーブルを使用した場合の結線図です。

クロスケーブルの結線図

スポンサーリンク

伝送の順序

以下は、アナログ回線を使用してデータ伝送を行う際の、伝送の順序です。

1. データ端末レディを通知

データ端末レディ

2. データセットレディを通知

データセットレディ

3. DCE を送信モードにセット

送信モードにセット

4. DCE が搬送波を送信及び送信可能を通知

送信及び送信可能を通知

5. DCE が DTE の搬送波を受信及び受信可能を通知

受信及び受信可能を通知

6. 送受信

送受信

7. DCE の送信モードを解除

送信モードを解除

8. DCE が搬送波の送信を終了及び通知

搬送波の送信を終了及び通知

9. DCE が DTE の搬送波終了を確認及び通知

搬送波終了を確認及び通知

10. 接続回路を遮断

接続回路を遮断

11. 待機状態に移行

待機状態に移行

タイトルとURLをコピーしました