ExcelVBA,データベース範囲にて、データの件数を取得する

スポンサーリンク

鍛錬 627

ExcelVBA,データベース範囲にて、データの件数を取得して変数に格納する

データベース範囲に存在するデータの件数(行数)を取得して変数に格納するには、CurrentRegion プロパティを使用します。
 
使用方法は、以下に示す通りです。

データベース範囲の行数を取得後、見出し行の行数をマイナス(減算)します。

変数 = Range(“基点とするセル”).CurrentRegion.Rows.Count – 見出し行の行数
 
スポンサーリンク

マクロ

以下は、データの件数(行数)を取得して変数に格納するマクロ、CountData() です。

今回は、セル D3 を基点とし、データベースの見出し行を1行としています。

基点セル 見出し行の行数
D3 1行
Sub CountData()
    Dim num As Long
    
    ' セルD3を基点,見出し行を1行としてデータベースの件数を取得
    num = Range("D3").CurrentRegion.Rows.Count - 1
    
    MsgBox num
End Sub

実行結果

以下は、マクロ CountData() の実行結果です。

データの件数(行数)は 3 件であることが分かりました。

データ件数の取得結果

スポンサーリンク

シェアする

フォローする