Linux シェル,便利な、正規表現のマッチパターン

スポンサーリンク

鍛錬 194

Linux シェルスクリプト,便利な、正規表現のマッチパターン

便利な、正規表現のマッチパターンについてです。

マッチパターン

マッチパターン 対象
[:alpha:] アルファベット
[:digit:] 数字
[:alnum:] アルファベットと数字
[:lower:] 小文字
[:upper:] 大文字
[:blank:] 空白

シェルスクリプト

以下は、ファイルの中身を確認するシェルスクリプト match.sh です。

#!/bin/sh

FILENAME="sample.txt"

# アルファベット
tmp=$(grep [[:alpha:]] $FILENAME)
echo "[:alpha:] で確認した場合"
echo "$tmp"

# 数字
tmp=$(grep [[:digit:]] $FILENAME)
echo "[:digit:] で確認した場合"
echo "$tmp"

# アルファベットと数字
tmp=$(grep [[:alnum:]] $FILENAME)
echo "[:alnum:] で確認した場合"
echo "$tmp"

# 小文字
tmp=$(grep [[:lower:]] $FILENAME)
echo "[:lower:] で確認した場合"
echo "$tmp"

# 大文字
tmp=$(grep [[:upper:]] $FILENAME)
echo "[:upper:] で確認した場合"
echo "$tmp"

# 空白
tmp=$(grep [[:blank:]] $FILENAME)
echo "[:blank:] で確認した場合"
echo "$tmp"

サンプルファイル

以下は、上記のシェルスクリプト match.sh で使用するサンプルファイル sample.txt です。

abc
a bc
123
ABC

実行結果

以下は、シェルスクリプト match.sh を実行しています。

***@ubuntu:~/***/test/shell$ 
***@ubuntu:~/***/test/shell$ ./match.sh
[:alpha:] で確認した場合
abc
a bc
ABC
[:digit:] で確認した場合
123
[:alnum:] で確認した場合
abc
a bc
123
ABC
[:lower:] で確認した場合
abc
a bc
[:upper:] で確認した場合
ABC
[:blank:] で確認した場合
a bc
タイトルとURLをコピーしました