PowerShell,文字列の一部を削除する

スポンサーリンク

鍛錬 639

PowerShell,文字列の一部を削除する

文字列の指定した部分を削除するには、.NETオブジェクトにおける String クラスのインスタンスメソッド、 Remove を使用します。
 
使用方法は、以下に示す通りです。

削除を開始する位置は、先頭から 0、1、2、3 ・・・ の数値で、その位置を指定します。

指定した部分のみを削除する

文字列.Remove(削除を開始する位置,削除する文字の数)

 
指定した部分から終端までを削除する

文字列.Remove(削除を開始する位置)

引数

以下は、上記の引数についてです。

引数
削除を開始する位置 Int32
削除する文字の数 Int32

戻り値

以下は、戻り値についてです。

戻り値
削除後の文字列 String
スポンサーリンク

スクリプト

以下は、文字列の一部を削除するスクリプト、rm_str.ps1 です。

今回は、文字列「ABCDEFG」について、一部を削除しています。

削除対象の文字列
ABCDEFG
1回目の削除 2回目の削除
3文字目から4文字を削除 3文字目から終端までを削除
# 変数初期化
[System.String]$str = $null
[System.String]$tmp = $null
[System.Int32]$p = 0
[System.Int32]$remove_count = 0

# 削除対象の文字列を格納
$str = "ABCDEFG"
echo "削除対象の文字列 = [$str]"

# 文字列の3文字目から4文字を削除
$p = 2
$remove_count = 4
$tmp = $str.Remove($p,$remove_count)
echo "削除後の文字列(1回目) = [$tmp]"

# 文字列の3文字目から終端までを削除
$p = 2
$tmp = $str.Remove($p)
echo "削除後の文字列(2回目) = [$tmp]"
スポンサーリンク

実行結果

以下は、スクリプト rm_str.ps1 を実行しています。

PS D:\tmp>
PS D:\tmp> .\rm_str.ps1
削除対象の文字列 = [ABCDEFG]
削除後の文字列(1回目) = [ABG]
削除後の文字列(2回目) = [AB]

 
上記に示した通り、文字列の指定した部分を削除することができました。

タイトルとURLをコピーしました