PowerShell,コマンドレットの出力を変数に格納・追記する

スポンサーリンク

鍛錬 534

PowerShell,コマンドレットの出力を変数に格納・追記する

コマンドレットの実行結果を指定した変数に格納したり、指定した変数に追記するには、パラメータの -OutVariable を使用します。
 
使用方法は、以下に示す通りです。

指定した変数に格納する

コマンドレット -OutVariable 変数

 
指定した変数に追記して格納する

コマンドレット -OutVariable +変数

パラメータ

以下は、上記のパラメータについてです。

パラメータ 機能
-OutVariable コマンドレットの実行結果を、指定した変数に格納する
スポンサーリンク

スクリプト

以下は、コマンドレットの実行結果を変数に格納したり追記したりするスクリプト、store_result.ps1 です。

今回は、現在時刻を3回取得して変数 $result に格納し、3回目に取得する際は変数に追記しています。

また、実行結果をコンソールに表示させずに結果を見やすくするため、Out-Null にパイプで流しています。

順序 処理の内容
1回目の格納 変数に「格納」する
2回目の格納 変数に「格納」する
3回目の格納 変数に「追記」する
echo "実行結果を変数に格納--------------"
Get-Date -OutVariable result | Out-Null
echo $result
echo "----------------------------------`r`n`r`n"

echo "3秒待機中`r`n`r`n"
Start-Sleep 3

echo "再び,実行結果を変数に格納---------"
Get-Date -OutVariable result | Out-Null
echo $result
echo "----------------------------------`r`n`r`n"

echo "3秒待機中`r`n`r`n"
Start-Sleep 3

echo "実行結果を変数に追記--------------"
Get-Date -OutVariable +result | Out-Null
echo $result
echo "----------------------------------"
スポンサーリンク

実行結果

以下は、スクリプト store_result.ps1 を実行しています。

PS D:\tmp>
PS D:\tmp> .\store_result.ps1
実行結果を変数に格納--------------

2019年5月25日 1:30:47
----------------------------------


3秒待機中


再び,実行結果を変数に格納---------
2019年5月25日 1:30:50
----------------------------------


3秒待機中


実行結果を変数に追記--------------
2019年5月25日 1:30:50
2019年5月25日 1:30:53
----------------------------------

 
上記に示した通り、コマンドレットの実行結果を変数に格納したり、追記して格納することができました。

タイトルとURLをコピーしました