Windows,DIRコマンド使用時、隠しファイルも一緒に表示

スポンサーリンク

鍛錬 339

Windows,DIRコマンド使用時、隠しファイルも一緒に表示する

コマンドプロンプトにて DIR コマンドを使用する際、隠しファイルも一緒に表示するにはオプションの /A に属性を付加します。

関連記事:Windows,DIRコマンド使用時、ディレクトリのみを表示する
 
使用方法は、以下に示す通りです。

DIR /A-D

属性について

上記の属性については、以下に示す通りです。

属性 意味
その属性以外
D ディレクトリ

 
上記の表に示した通り、オプション /A に属性の -D を付加した場合、「D (ディレクトリ)」「- (以外)」が表示されるため、隠しファイルも一緒に表示されます。

スポンサーリンク

今回使用するディレクトリ内の一覧

以下は、今回使用するディレクトリ内の一覧です。

テキストファイルが 2 つ、隠しファイルが 1 つ配置されています。

テキストファイル
sample_1.txt
sample_2.txt

隠しファイル
hidden_file.txt

スポンサーリンク

実行結果

以下は、次の順序で DIR コマンドを使用して、隠しファイルも一緒に表示しています。

関連記事:Windows,dir を使用する際、ファイル名のみを表示する

  1. DIR コマンドで、ディレクトリ内のファイル一覧を表示
  2. DIR コマンド使用時に、隠しファイルも一緒に表示
D:\tmp>
D:\tmp>DIR /B
sample_1.txt
sample_2.txt

D:\tmp>DIR /B /A-D
hidden_file.txt
sample_1.txt
sample_2.txt

 
上記に示した通り、DIR コマンド使用時に隠しファイルも一緒に表示することができました。

タイトルとURLをコピーしました